橋梁設計アーカイブ
易しくない橋梁工学


 ●標準目次/ 詳細目次/ 用語索引

最初のページ

はじめに

1. 構造工学の課題

1.1 技能・技術・工学・力学の切り分け

1.2 構造を構成する部材と材料

1.3 部材の継ぎ手と組み立て

2. 橋の構造とモデル

2.1 鋼桁橋と鋼トラス橋の部材構成

2.2 設計モデル

2.3 構造安定の原理

2.4 実構造との摺り合わせ

2.5 静定・不静定構造を理解するまでのステップ

3. 幾何モデル・力学モデル・数学モデル

3.1 モデルとモデリング

3.2 力とモーメントの理解

3.3 解析幾何学の知識

3.4 剪断力と剪断応力の理解

4. 線形構造解析の数学モデル

4.1 線形と非線形

4.2 部材力と変位との線形式表現

4.3 部材の変位行列

4.4 変位行列の数値的な性質

4.5 構造力学で使うエネルギー定理

5. 変形の計算

5.1 積み木方式の変形計算

5.2 非線形の変形計算理論

5.3 梁の変形

5.4 捩り変形

5.5 エネルギー原理による変形の計算

5.6 影響線法

5.7 変形計算に使う実用公式

6. 振動現象の理解

6.1 静力学から動力学へ

6.2 静的安定と動的安定

6.3 振動する力学系のモデル

6.4 一質点一自由度系の解析モデル

6.5 周期・剛性・たわみ

6.6 乱雑な現象の解析

6.7 人間の感覚の鋭さ

7. 設計の拠り所_設計論

7.1 荷重の意義

7.2 安全率の決め方

7.3 材料の静的強さ

7.4 材料の変形能

7.5 衝撃的な力に対する設計

7.6 疲労を見込む設計法

7.7 時間の要素の組み込み

7.8 粘りを持たせる設計

8. 橋に応用する平面構造モデル

8.1 幅の広い構造

8.2 均質弾性板の力学モデル

8.3 直交異方性平板へのモデル化

8.4 格子桁の荷重分配の考え方

8.5 直交異方性平板の荷重分配の考え方

9. 橋に応用する梁モデル

9.1 立体的な部材としての梁

9.2 平面構造力学で扱う梁

9.3 トラスの梁モデル

9.4 梁の数学モデル

9.5 アーチ橋の梁モデル

9.6 曲げ捩りを扱う擬似的な梁モデル

9.7 重ね梁と合成梁

10.  合成桁橋の設計モデル

10.1 合成以前

10.2 合成断面の桁モデル

10.3 断面計算に利用するコンクリートモデル

10.4 合成桁は内的な不静定構造物である

11. 橋梁工学で利用するFEMの概説

11.1 はじめに

11.2 マトリックスの概念

11.3 構造解析で扱うFEMモデル

11.4 剛性マトリックスの理解

11.5 プログラミング技法の概説

12. 部材設計に利用する図形の定数

12.1 材料力学の説明に入る前書き

12.2 基本的な断面定数の計算

12.3 薄板構造での図形の定数

12.4 その他の図形定数

12.5 計画設計で扱う幾何学的寸法

13. 梁と柱の応力度の計算

13.1 用語の使い分け

13.2 梁の力学

13.3 柱の力学

13.4 設計と解析のモデル

14. 梁と柱の剪断応力度と変形

14.1 剪断流理論

14.2 反りの概念

14.3 不静定剪断流

14.4 捩りの解析

14.5 閉じた薄肉箱断面の捩り

15. 部材の寸法計画

15.1 理論と実際

15.2 寸法数値の工学的な扱い

15.3 曲げ部材の断面提案方法

15.4 圧縮力を受ける柱の断面提案方法

15.5 捩りを受ける部材の断面設計

15.6 組み立てと継ぎ手

16. リベット構造の理解

16.1 鉄から鋼への流れ

16.2 リベット構造の要点

16.3 リベット列の幾何学的設計

16.4 リベット群としての設計

16.5 作業性の問題

17. 溶接構造の要点

17.1 接着原理の概説

17.2 溶接で使う専門用語

17.3 溶接性の課題

17.4 隅肉溶接の力学

17.5 溶接による構造の構成

18. 可動と可撓の設計工夫

18.1 動きを許す構造

18.2 橋の支点の特殊性

18.3 地震時の考え方

18.4 吊橋における変位の制御

19 橋梁の健康診断

19.1 応力測定の意義

19.2 人の健康診断との類似性

19.3 振動測定の意義と解釈

19.4 振動データの解析

19.5 振動の制御

99. まとめの章

99.1 「易しくない」と名付けた理由

99.2 電子化文書の形式を試みたこと

99.3 弾力的に内容を進化させたいこと

99.4 次の連載は「易しくないコンピュータプログラミング」です