易しくないコンピュータプログラミング


 ●標準目次/ 詳細目次/ 用語索引

0. はじめに

はじめに

1. 道具・技能・技法

1.1 計算道具と計算術

1.2 道具としての小部数印刷の器械

1.3 基本技能の習得と伝承

1.4 技法と文書化

2. 計算器械としてのコンピュータ

2.1 心臓部分となる処理装置

2.2 算術は技術であること

2.3 機械語プログラミングの原理

2.4 入力と出力の装置

2.5 文字処理の重要さ

2.6 体裁を整えて印刷するプリンタ

2.7 日本語の処理

3. プログラムの開発と利用の環境

3.1 プログラミング入門課程

3.2 プログラミング言語を使う場合の常識

3.3 用語の理解から

3.4 理解が難しい用語その1-オブジェクト

3.5 理解が難しい用語その2-ウインドウ

3.6 理解が難しい用語その3-コールバック処理

3.7 理解が難しい用語その3-構造化プログラミング

3.8 キャラクタユーザインタフェースの利点

4. 実用文書の作成技術

4.1 テキストエディタの使い方から

4.2 文書作成の三要素

4.3 ワードプロセッサを使う意義

4.4 電子化文書

4.5 HTML文書への変換

5. マイコンBasicからVisual Basicまで

5.1 プログラミング言語は文字処理プログラム

5.2 OSと言うプログラム

5.3 プログラミング言語は文字処理プログラム

5.4 キーを押す方式の操作方法

6. 物理的な文字列処理

6.1 メモリ上のビット並びの番号付け

6.2 テキストエディタの文字処理

6.3 プログラミング言語の中での文字処理

6.4 入出力文での文字処理

6.5 テキストファイル作成の高度な処理

6.6 文字並びの論理的な解析

7. 算術計算と論理計算の入門

7.1 文章表現と記号表現

7.2 演算子による結合の表し方

7.3 演算子による結合の表し方

7.4 プログラムの実行制御に使う論理変数

8. プログラムの作文技術

8.1 文章作文との類似

8.2 非実行文

8.3 実行文

8.4 Visual Basic 6.0の言語仕様のまとめ

9. 入出力文のプログラミング

9.1 オブジェクト指向プログラミング

9.2 基本的なコントロール

9.3 コントロールのキーワード概略

10. プロトタイプを使うプログラミング環境

10.1 設計作業環境の構築

10.2 設計作業の流れ

10.3 プロトタイプの意義

10.4 設計作業のインタフェース

10.5 プロトタイプウインドウの構成

10.6 コンソールウインドウの設計

10.7 テキスト用ウインドウの設計

10.8 グラフィックス用モニタ

11. プログラム全体の構成計画

11.1 流れ図による全体の把握

11.2 意志決定の場所に注目した決定グラフ

11.3 単純化した選択グラフ

11.4 ウインドウズのプログラミング計画の実際

12. まとめの章

12.1 プログラムの保守と管理

12.2 プログラミングの位置付け

12.3 ライブラリの考え方

12.4 共同利用と専有利用

あとがき

演習A:タイピング練習のヒント

ExA1:標準的なキー配列

ExA2:指の置きかた

ExA3:指の使い方

ExA4:練習法

ExA5:練習用文字セット

ExA6:タイピング速度の判定法

演習B:実用文書の作成_テキストファイルからHTML文書まで

ExB0:はじめに

ExB1:パソコン操作に慣れること

ExB2:テキストエディタの使い方

ExB3:ワードプロセッサの使い方

ExB4:組み版言語など

ExB5:Word文書からHTML文書への変換

演習C:電卓の動作解説

C1:はじめに

C2:最も単純な電卓のデザイン

C3:プロセッサとレジスタ

C4:演算の動作

C5:キーの操作とレジスタの内容(掛け算の場合)

C6:数値入力の舞台裏

C7:割算の内部処理

C8:オーバーフローのエラー

C9:割算の余りの計算についてのコメント

演習D:Visual Basic 6.0の使い方

ExD0:作業環境の設定

ExD1:プログラミング無しでの実行(step-1)

ExD2:イミディエイト ウインドウの利用(step-2)

ExD3: 簡単なコードの記述と実行(step-3)

ExD4:IMWをデバッグ ウインドウとして利用(step-4)

ExD5:コード記述の分離表記(step-5)

ExD6:標準モジュールへコードを記述する(step-6)

ExD7: 入出力インタフェースの設計・その1(step-7)

ExD8:入出力インタフェースの設計・その2(step-8)

付録A:文字などの名称

AppA1. 英文タイプライタ各部の名称

AppA2. キーの文字の呼び方

AppA3. 通信用の制御コードの呼び方

付録B:キーボードショートカット

AppB1. キーボードショートカット(Windows用)

付録C:HTMLタグ

AppC1. 基本的なHTMLタグ

付録D:MS-DOSのコマンド

AppD. MS-DOSのコマンド概観