塗装系の分類と概要 ホーム
[ 生産技術情報 ] | [ 戻る ]

塗装系の分類と概要

(2003-04-22更新)

更新履歴
2003-04-21
「塗装系」に関する情報を掲載しました。

塗装による防錆効果は、塗膜が酸素・水・塩類を遮断することで得られます。
本サービスでは、鋼道路橋塗装便覧を参考に、塗装による防錆の概要をまとめております。


なお、ここに記載する内容についての責任については一切負いかねますのでご了承願います。

<表示選択>
環境 塗装系 概要
一般環境 A-1
一般的な塗装系
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマー1回塗
下塗は鉛系さび止め塗料2回塗
中・上塗は長油性フタル酸樹脂塗料
A-2
上記の工場と現場の間隔が長い時
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗は鉛系さび止め塗料2回塗、フェノール樹脂MIO塗料1回塗
中・上塗は長油性フタル酸樹脂塗料
A-3
一般的な塗装系で長期間色調を保持する場合
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗は鉛系さび止め塗料2回塗
中・上塗はシリコンアルキド樹脂塗料
A-4
上記の工場と現場の間隔が長い時
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗は鉛系さび止め塗料2回塗、フェノール樹脂MIO塗料1回塗
中・上塗はシリコンアルキド樹脂塗料
やや厳しい環境 B-1
飛来塩分などに対する防錆
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗は鉛系さび止め塗料2回塗、フェノール樹脂MIO塗料1回塗
中・上塗は塩化ゴム系塗料
厳しい環境 C-1
海上などの厳しい環境に対する塗装系
原板ブラスト後、ジンクリッチプライマーを塗布
製品ブラスト後、ジンクリッチペイントを塗布
下塗はエポキシ樹脂塗料1回塗、エポキシ樹脂MIO塗料1回塗
中・上塗はポリウレタン樹脂塗料
C-2
上記の塗装を工場で上塗まで行う場合
原板ブラスト後、ジンクリッチプライマーを塗布
製品ブラスト後、ジンクリッチペイントを塗布
下塗はエポキシ樹脂塗料2回塗
中・上塗はポリウレタン樹脂塗料
C-3
海上などの厳しい環境に対し、なお色調を重視する場合の塗装系
原板ブラスト後、ジンクリッチプライマーを塗布
製品ブラスト後、ジンクリッチペイントを塗布
下塗はエポキシ樹脂塗料1回塗、エポキシ樹脂MIO塗料1回塗
中・上塗はふっそ樹脂塗料
C-4
上記の塗装を工場で上塗まで行う場合
原板ブラスト後、ジンクリッチプライマーを塗布
製品ブラスト後、ジンクリッチペイントを塗布
下塗はエポキシ樹脂塗料2回塗
中・上塗はふっそ樹脂塗料
内面塗装 D-1
箱桁や橋脚の内面の塗装系
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗はタールエポキシ樹脂塗料2回塗
D-2
箱桁や橋脚の内面の塗装系
原板ブラスト後長ばく型エッチングプライマーを塗布
下塗は変性エポキシ樹脂塗料2回塗
D-3
箱桁や橋脚の内面の塗装系
原板ブラスト後ジンクリッチプライマーを塗布
下塗はタールエポキシ樹脂塗料2回塗
D-4
箱桁や橋脚の内面の塗装系
原板ブラスト後ジンクリッチプライマーを塗布
下塗は変性エポキシ樹脂塗料2回塗
継手部 F-1
一般的な塗装系、上塗はA-1、A-3を適用
鉛系さび止めを3回塗
F-2
一般的からやや厳しい環境の塗装系、上塗はA-2、A-4、B-1を適用
鉛系さび止めを3回塗、フェノール樹脂MIO塗料を1回塗
F-3
海上などの厳しい環境に対する塗装系、上塗はC-1、C-3
変性エポキシ樹脂塗料を3回塗、エポキシ樹脂MIO塗料を1回塗
F-4
海上などの厳しい環境に対する塗装系、上塗はC-2、C-4
変性エポキシ樹脂塗料を4回塗
F-5
箱桁や橋脚の内面の塗装系
タールエポキシ樹脂塗料を4回塗
F-6
箱桁や橋脚の内面の塗装系
変性エポキシ樹脂塗料を4回塗
F-7
海上などの厳しい環境に対する塗装系、上塗はC-1、C-3
工場でジンクリッチプライマー、現場で変性エポキシ樹脂塗料を3回塗、エポキシ樹脂MIO塗料を1回塗
F-8
海上などの厳しい環境に対する塗装系、上塗はC-2、C-4
工場でジンクリッチプライマー、現場で変性エポキシ樹脂塗料を4回塗
F-9
箱桁や橋脚の内面の塗装系
工場でジンクリッチプライマー、現場でタールエポキシ樹脂塗料を4回塗
F-10
箱桁や橋脚の内面の塗装系
工場でジンクリッチプライマー、現場で変性エポキシ樹脂塗料を4回塗

◆ 溶射関連リンク
日本溶射協会
日本溶射工業会
土木構造物常温溶射研究会
溶射関連業者 提供:日本溶射工業会

(C) 2017 鋼橋ネットサービス