橋梁付属物・関連製品検索サービス [ 落橋防止機能付き パワーダンパー - (株)横河ブリッジ ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 936

『落橋防止機能付きダンパー』
 落橋防止構造としての機能を有するシリンダー型粘性ダンパー
パワーダンパー:国土交通省 NETIS No.TH-120010-VE 

●製品の概要

落橋防止機能付きダンパーはシリンダー型粘性ダンパー『パワーダンパー』にユニバーサルクレビス(U-CLV)を組み込むことで、制震デバイスとしての機能に落橋防止構造としての機能を付加させた、新しいシリンダー型粘性ダンパーです。粘性ダンパーと落橋防止構造を兼用することで、支点部周辺の補強構造が簡素化され、支点部の確実な維持管理に貢献します。

●特徴

ダンパーと落橋防止構造の兼用を実現 
2軸回転機能を有するユニバーサルクレビス(U-CLV)を組み込んだことで、地震時の想定外の方向(鉛直方向含む)への変位に追随できるため、ダンパーと落橋防止構造の兼用を実現しました

支承部周辺の確実な維持管理に貢献
従来、制震デバイスと落橋防止構造が必要となる支点部では、支点部周辺にそれぞれのデバイスを個別に取り付けていましたが、これらを兼用構造とすることで、支点部周辺の補強構造が簡素化され、支点部周辺の確実な維持管理に貢献します。


●構造

2軸回転機能を有するユニパーサルクレビスを搭載 
ユニバーサルクレビス(U-CLV)はトラニオン部材に主軸ピンと副軸ピンを直交して内蔵し、主軸ピンまわりは±90度、副軸ピンまわりは±15度の回転追随性能を有している構造です。

 
 

落橋防止構造としての抵抗部材 
落橋防止構造としての水平力に対しては、ダンパーのストロークエンドの状態でダンパー本体部が直接抵抗する構造のほか、ダンパー外部に荷重抵抗部材を増設する構造があります。ダンパー外部に荷重抵抗部材を増設する構造では、ダンパーとしての衰退力と落橋防止構造としての抵抗力を自由に組み合わせることが可能です。
   
 


※ 落橋防止機能付きダンパーは、首都高速道路蠹臓▲ックスジャッキ蠹臓↓蟆2魯屮螢奪犬砲茲
  共同特許製品です。 
※ U-CLVは、首都高速道路蠹臓▲ックスジャッキ蠹臓↓蟆2魯屮螢奪犬砲茲覿ζ嘘発製品です。







製品概要
カタログ( PDF 2116KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス