橋梁付属物・関連製品検索サービス [ ハイパーSP - 瀧上建設興業(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 1550


塗膜系弾性エポキシ樹脂床版防水システム
特許 第4693440号
NETIS CB-080031-A

ハイパーSPとは
近年、わが国の橋梁は床版の漏水が原因となるさまざまな問題が数多く報告されており、そのため床版防水の重要性が問われています。
ハイパーSPは床版防水を目的とした無溶剤型のエポキシ樹脂系塗膜防水材です。主剤と硬化剤からなる2液性で、反応後は弾性を呈し強力な接着力を発揮します。コンクリートや鋼および、アスファルト舗装に対する強力な接着力は、舗装の剥離や轍掘れを防ぎます。
またハイパーSPの特長の一つとして、一旦硬化したハイパーSPが舗装熱により再溶融し、接着や防水効果が復元する性質が挙げられます。この特長を利用した防水工法がハイパーSP工法です。


ハイパーSPの特長

 )豹紊叛榁綉’修鬚△錣算っています
 ■厩程で施工可能です
 2蔀呂畔涸材を選びません


ハイパーSPの硬化特性

 ハイパーSPは時間の経過とともに硬化反応が進み、塗布後の状態が
 液体(Aステージ)→半硬化(Bステージ)→硬化(Cステージ)へと変化します。
 また、塗布後の養生温度が高いほど硬化反応が促進され、
 A・B・Cステージまでの進行時間が短くなります。



製品概要
カタログ( PDF 1304KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス