橋梁付属物・関連製品検索サービス [ セミパラレルワイヤケーブルSPWC - 神鋼鋼線工業(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 11008

セミパラレルワイヤケーブル
SPWC
 神鋼のセミパラレルワイヤケーブルSPWC(Semi-Parallel Wire Cable)は、高疲労強度の構造用ケーブルです。また、ケーブル定着部に用いられるSPWC-FRアンカーとSPWC-CMアンカーは、従来のPWC(Parallel Wire Cable)に用いられてきた平行線新定着法であり、ケーブル一般部と同等の疲労強度を有しています。

ケーブルの特長

◆疲労強度が高い ◆防食性および耐久性に優れている
◆ケーブル1本当りの引張荷重が大きい ◆取扱いが容易
◆弾性係数が高く安定している ◆品質が安定している
◆アンカーおよびケーブルがコンパクト ◆クリープが小さい

ケーブルの構成

[SPWC-FR アンカー] [SPWC-CM アンカー]

可動側
固定側

[SPWC-FR アンカーケーブル]

[SPWC-CM アンカーケーブル]

アンカー部
内部空隙をなくし完全密封構造を採っている。
ケーブル端部
網製口金、オーバーラップ管による保護
より信頼性の高い内部充填材(防錆材)
亜鉛めっき鋼線
ケーブル一般部
ポリエチレン被膜による保護
内部防錆材
亜鉛めっき鋼線

ケーブルの構成は、SPWC-FR&SPWC-CMともに上記に示すように両端ともシム型を標準としていますが、設計および架設条件等により、その他の型式のアンカーも使用できます。

採用例
ここでは一部をご紹介しています。カタログの方では、その他多くの採用例を掲載していますのでご参照して下さい。

花畔大橋(北海道石狩郡)

かつしかハープ橋(東京都葛飾区)
豊田大橋(愛知県豊田市)

明石海峡大橋(ハンガーケーブルに使用、兵庫県神戸市〜淡路町)

幕張メッセ北ホール国際展示場(千葉県千葉市)
多々羅大橋(広島県生口島〜愛知県大三島)


製品概要
カタログ( PDF 6594KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス