橋梁付属物・関連製品検索サービス [ SUB(座屈拘束ブレース) - (株)横河NSエンジニアリング ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 10536

SUB(座屈拘束ブレース)
軽量でエネルギー吸収能力に優れた制振デバイス
国土交通省 NETIS登録 No.TH-110015-A
   動画(PDFファイル、5,622KB)はこちらをクリック
 SUBの概要

座屈拘束ブレースは、地震時のエネルギー吸収量が多いため、構造物の内蔵型ダンパーとして用いられます。
SUB(Sumitomo-Unbuckling-Brace)は芯材(低降伏点鋼・普通鋼)を山形鋼で座屈拘束した、軸降伏型の履歴型ダンパーです。
拘束材の山形鋼同士は、芯材板厚より厚いスペーサーを挟んで、高力ボルトで締め付けブレース芯材の全体座屈を防止しています。

 特長 ・ 変形性能 ・ SUB設置例

 特 長  変形性能
優れたエネルギー吸収能力
鋼板芯材は山形鋼とアンボンド化して拘束されているため、芯材材質のエネルギー吸収能力をそのまま発揮します。
優れた施工性
すべて鋼材で構成されているため、断面がスリム化でき、軽量型ブレースとして施工できます。
安定した性能発揮
すべて鋼材で構成されるため、品質のばらつきが少なく、安定した復元力特性を発揮します。
幅広い荷重領域に対応
芯材は平板断面と十字断面で設計できるため、低軸力から高軸力(10,000kN)まで幅広い荷重領域に対応できます。
SUBの累積塑性変形倍率ηの値は、以下の式で算出できます。ηは制振ブレースの変形性能指標です。
 SUB設置例

 都市部検討例 ・ 施工実績

 都市部検討例  施工実績
都市部等、景観を重視したさまざまな外観ニーズにも対応できます。
変位制限構造例 制振構造例
国土交通省/NEXCO/名古屋高速道路公社/地方自治体:17橋(364本)
2010.9現在

 動画
   動画(PDFファイル、5,622KB)はこちらをクリック

製品概要
カタログ( PDF 945KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス