橋梁付属物・関連製品検索サービス [ 塗料用ふっ素樹脂 ルミフロン - 旭硝子(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 1314

弱溶剤形
超耐候性塗料用ふっ素樹脂 ルミフロン


20余年の歴史と15万件以上の実績
「ルミフロン」ならではの超耐候性
「ルミフロン」は、旭硝子のふっ素技術により、1982年に商品化された世界で初めての溶剤可溶形塗料用ふっ素樹脂です。
ふっ素の特性を犠牲にすることなく、溶剤に溶けやすく、常温硬化を可能にした「ルミフロン」はその優れた耐久性により、被塗装物への塗り替え回数の大幅な低減と同時に、溶剤排出量の抑制を実現した地球にやさしい塗料用樹脂です。
時代が要求するメンテナンスフリー塗料として最適であり、トータルコストとして十分なメリットが期待できるため、「ルミフロン」ベースのふっ素樹脂塗料は、建築物や煙突、橋梁などの大型構造物から航空機、車両など幅広い分野で産業界に貢献しています。
発売から20余年、そのクオリティの高さは大きな信頼と15万件以上の実績を築きあげています。


超耐候性「ルミフロン」ならではの実績
常磐橋
施工時期 : 1986年8月
撮影時期 : 19年目
環境 : 山間
新設/塗替 : 塗替(ふっ素樹脂)
旧塗膜 : 塩化ゴム系
塗装仕様
素地調整 : 3種
下塗 : 変性エポキシ樹脂
中、上塗 : ルミフロン系ふっ素樹脂
ウエブ・光沢保持率100% 隔雪剤・飛来塩分の多い厳しい環境

弱溶剤形ふっ素樹脂「ルミフロン」の実績
高速道路(名古屋市内)
施工時期 : 2005年1月
撮影時期 : 1年目
環境 : 都市
新設/塗替 : 塗替(ふっ素樹脂)
旧塗膜 : ポリウレタン樹脂
塗装仕様
素地調整 : 3種
下塗 : 弱溶剤形変性エポキシ樹脂
中塗 : 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用
上塗 : 弱溶剤形ルミフロン系ふっ素樹脂
(下記のRc‐慧描系対応に準する)
高塗着静電エアレス塗装


地球環境と人にやさしく、塗膜にもやさしい
‐超耐候性塗料用ふっ素樹脂の常識を超える‐

弱溶剤形塗料用ふっ素樹脂「ルミフロン」
旭硝子が新しく開発した弱溶剤形塗料用ふっ素樹脂「ルミフロン」は、溶剤にミネラルスピリットを使用した新しい 塗料用ふっ素樹脂です。MIRvoc値[揮発性有機化合物1gからのオゾン発生量(g)]を大幅に削減するだけで なく、臭気、中毒、火災の危険性を軽減し、リフティング現象の防止に効果を発揮できるなど、作業者の健康障害 への負荷低減をはじめ、地球環境にも人にも塗膜にもよりやさしい、新時代の弱溶剤形塗料用ふっ素樹脂です。
超耐候性の特質はそのままに、より地球環境にやさしく、より人にやさしく、より塗膜にやさしく……
超耐候性塗料用ふっ素樹脂「ルミフロン」に新時代の到来です

環境にやさしい
オゾン発生量(MIRvoc値)を大幅に低減
光化学オキシダント(光化学スモッグ)や大気の酸性化にかかわるオゾン発生量(MIRvoc値)を従来溶剤に比べ大幅に低減。

人にやさしい
臭気性の軽減(悪臭防止法指定外)
中毒性の軽減
(有機溶剤中毒予防規則第3種)
火災の危険性の軽減
(低い引火性)
溶剤の臭気性、中毒性、引火性が低く、安全性が高い。

塗膜にやさしい
塗膜欠陥(リフティング現象)を引き起こさない
塩化ゴムなど他の塗膜を溶解しないので、塗膜欠陥(リフティング現象)を引き起こさない。

高塗着静電エアレス塗装も可能(塗着効率88.4%を実現)


推奨塗替え仕様(外面塗装系) ※平成17年12月発行の「鋼道路橋塗装・防食便覧」による
Rc‐掬描系対応
塗装工程 塗料名 使用量(g/m2) 塗装間隔
素地調整 1種・ブラスト 4時間以内
下塗 有機ジンクリッチペイント 600
1〜10日
下塗 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 240
1〜10日
下塗 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 240
1〜10日
中塗 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 170
1〜10日
上塗 ルミフロンベース弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗 140
Rc‐慧描系対応
塗装工程 塗料名 使用量(g/m2) 塗装間隔
素地調整 3種 4時間以内
下塗 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗(鋼材露出部のみ) (200)
1〜10日
下塗 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 200
1〜10日
下塗 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗 200
1〜10日
中塗 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 140
1〜10日
上塗 ルミフロンベース弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗 120
Rc‐古描系対応
塗装工程 塗料名 使用量(g/m2) 塗装間隔
素地調整 4種 4時間以内
下塗 弱溶剤変性エポキシ塗料下塗 200
1〜10日
中塗 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗 140
1〜10日
上塗 ルミフロンベース弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗 120


従来溶剤との比較
比較項目 \ 溶剤の種類 弱溶剤
(ミネラルスピリット)
従来溶剤
(キシレン)
出典
MIRvoc値
[揮発性有機化合物1gのオゾン発生量(g)]
0.78〜1.27
(オゾンの発生量少ない)
7.45
(オゾンの発生量多い)
鋼構造物塗装設計施工指針
(2005)
(財)鉄道総合技術研究所
悪臭防止法(臭気) 指定外 指定 悪臭防止法
引火点 41℃ 23℃〜27℃ 各社MSDS
有機溶剤中毒予防規則 3種 2種 有機溶剤中毒予防規則
塩化ゴム系塗膜への溶解性 溶解しない 溶解
(リフティングの可能性あり)


塗料の成分
塗料用フッ素樹脂ルミフロンは塗膜を形成するうえで主となる原料で、合成樹脂の一角に位置します。














塗料に色を着けたり、塗膜に厚みをもたせたりするために使用されます。
●着色顔料 ●さび止め ●体質顔料 ●その他特殊機能顔料


塗膜を形成するうえで主となる原料です。
●油類 ●天然樹脂および加工品 ●合成樹脂 ●架橋剤・硬化剤等
アルキド樹脂、アクリル樹脂、アクリルシリコン樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、フッ素樹脂など


塗料、塗膜を安定させるためや、使いやすくするために使用されます。
●顔料分散剤・その他改質剤等
塗料中の顔料の沈降防止・粘度調整・色分かれ防止・塗膜の柔軟性付与など、いろいろの改質を目的に添加されるもの










樹脂を溶解し流動性を与えるために使われるものです。
●有機溶剤・水
石油系混合溶剤、ミネラルスピリット、トルエン、キシレン、酢酸ブチル、水など


塗料の塗替え寿命
中・上塗りシステムに使用される塗料の塗替え寿命は、フッ素樹脂塗料がずば抜けて優れており、フッ素樹脂塗料の中でも分子構造で分けるとFEVE系、PVDF系が優れています。


総合経済性比較

   

製品概要
カタログ( PDF 2324KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス