橋梁付属物・関連製品検索サービス [ RCレーダー       - (株)レンタルのニッケン ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]
資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 7378

RCレーダー 〜コンクリート内部構造診断〜

コンパクト・1.1kg!!
鉄筋等の金属物の探査可能!!
データの保守・再生が可能!!
リアルタイム表面波処理!!
プリンタ・パソコンへの簡単接続!!
本体表示部カラー画像!!

RCレーダーとは?

〜RCレーダーの原理〜

本体裏面のアンテナから電磁波をコンクリート表面に向けて放射し、内部に浸透した電磁波がコンクリートと電気的性質が異なる鉄筋(金属物)などから反射され、再びアンテナで受信する事により、対象物の深度・ピッチなどを、本体表示部にてリアルタイムにカラー表示します。

(右記本体表示断面図の解読には、トレーニングが必要となります。ご注意ください。)
垂直断面図と波形表示の表示例

基本性能

特徴

測定方式 レーダー方式(画面モニタ方式)
測定物 鉄筋等の金属物
力ブリ厚(測定深度) 0.5〜20cm(鉄筋径6mm以上
深度スケール cm補正表示、及び時間(ns)表示
ピッチ 表示方向8cm以上の間隔(鉄筋径10mmのものが深さ6cmにある場合)
測定距離 15m(1画面は50cmで30画面分)
ディスプレイ カラーTFT液晶(640×480ドット)
画像処理 マニュアル表面波処理、ピーク処理、原画再生処理、固定表面波処理、減算処理
制御機能 画面反転、カーソルマーク
最大走査速度 約40cm/s(速度アラーム付)
電源 バッテリー動作.AC100V動作(オプション)
連続使用時間 ハンディーサーチ約2時間(コントラスト200で使用時)、プリンター約1時間
外部接続 プリンター、パソコン
メモリーカード CFメモリーカード対応
本体寸法 約149(W)×147(H)×217(D)mm
質量 約1.1kg4
本体収納箱 約350(W)×205(H)×460(D)mm
輸送用ケース 約450(W)×250(H)×530(D)mm
本体自体の∇印の位置と本体液晶画像の白いラインが同調しているので、配筋状態の位置確認などが他製品と比べて読み易くなりました。
コンパクト・軽量化・・・本体表示部とアンテナ部が一体化しているのでコンパクト、軽量のため片手で容易に操作できます。
カラー液晶を搭載し、暗い場所での視認性に優れています。
赤外線通信により、コードレスでプリントアウトができます。
測定原理・・・本体底面の送信器からコンクリート内部に電磁波を放射し、コンクリートと誘電率が異なる物質に対し、電磁波はその境界で反射します。反射して戻ってきた信号を受信し処理する事で目標物の位置を検出します。

メモリーカードから報告書作成


報告書作成支援ソフト
※オプション
CFメモリーカードを本体へ接続。作業終了後、カードを抜きパソコンへ接続。(カードリーダーを通します)
専用のソフトを使用する事で、報告書を簡単に作成する事ができます。


プリンタセットとの接続方法


本体にて取込んだデータをIrDA機能にてプリンターへ転送し、データを印刷します。
   

製品概要
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス