橋梁付属物・関連製品検索サービス [ ひび割れ浸透接着工法 - アルファ工業(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]
資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 9398



浸透性能に優れるエポキシ接着剤をコンクリートの表面から塗付してひび割れを補修する工法です。

 ひび割れ浸透接着剤アルファテック380JIS A 6024建築補修用注入エポキシ樹脂規格及び日本道路公団JHS 426ひびわれ含浸材料の規格に適合する接着剤です。コンクリートの表面から刷毛やローラーなどを用い塗付するだけで、コンクリートのひび割れに浸透して接着補修することができます。
  • 従来工法では補修が難しかった0.2mm以下微細なひび割れや目視困難なマイクロクラックを補修することができます。
  • 注入工法のような|軻器取付け・ひび割れシール注入C軻器・シール除去が不要なため工程の簡素化、工期の短縮、コストの低減が可能になり、高い経済性を実現します。
  • 乾燥面はもとより湿潤したコンクリートのひび割れにも優れた接着性能を示します。
  • 無溶剤で揮発成分がなく安全作業ができ、硬化収縮もほとんどありません。

天井面補修



壁面補修



床面補修







 アルファテック380を含ませたローラーをひびわれ直角方向にあて、巾5cm位で2〜3往復塗付します。 (塗付スピードの目安は1m当たり1分間程度です。 ) 上図 のようにアルファテック380がひびわれに浸透し、表面に凹みが生ずれば再塗付または液寄せを行います。
 これを1〜2時間の可使時間内に繰り返すことにより、より深く浸透させることができます。

   

製品概要
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス