橋梁付属物・関連製品検索サービス [ 常温金属溶射工法 MVメタルスプレーシステム - (株)丸本工業所 ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 12263


           
           
 MVメタルスプレーシステムの概要
           
 

MVメタルスプレーシステム(MS工法)」とは、普段腐食しやすい鋼材の重防食を目的とした工法で、防食効果が高い擬合金(亜鉛・アルミ/Zn-AL)を常温で溶射する新しい常温金属溶射システムです。

従来から存在する金属溶射(フレーム溶射、アーク溶射、プラズマ溶射)との違いは、前処理として専用の粗面形成剤を塗布している点と、被着体に対して常温で施工できる点の他に、溶射金属としてZn-AL擬合金を用いている点等が挙げられます。その結果、防錆効果の向上だけではなく、亜鉛ヒュームや粉塵が少なく、作業性が良好で、被着体と溶射した金属との間で、優れた密着性を発揮するシステムに生まれ変わりました。

なお、被着体と金属(亜鉛・アルミ/Zn-AL )との付着力を強化させるため、事前に専用の粗面形成剤(ブラスノン)を規定量塗布し、下地の粗面化を強制的に行います。

 
 
 

MVメタルスプレーシステム施工機器車両
       
 

MVメタルスプレーシステム施工状況
       
         

           
           
 工法の特長
           
 

1.塩害地域でも長期耐久性を発揮します

塩水噴霧試験5000時間後でも、従来の溶射より約1.5〜2倍もの防食電位を保っています。
           
  2.物理的だから可能になった、被着体との高い付着力
被着体と溶射する金属との間に、密着性に優れた専用の粗面形成剤(ブラスノン)塗膜をコーティングする事で、抜群の食い付き性能が加わりました
           
  3.ほぼ常温で溶射できるため、安全で被着体を痛めません
線材が交わる後方から圧縮空気を噴射させる従来技術を見直し、周囲から円錐状に空気を噴出させることに成功。 その結果、冷却効率を高め、低温で溶射する事が可能になりました。
           
  4.腐食を促進させる過酷な環境下でも耐食性を発揮
JIS H 5802-1988(めっきの耐食性試験方法)に準じたキャス試験を試み、従来の溶射技術を圧倒。
           
 

5.接合ボルトとの接触面で要求される摩擦力をクリヤー

この様な接触面には摩擦力(すべり係数)が要求されるため、一般塗装は禁止されてきましたが、金属溶射は無塗装を上回る摩擦力を発揮します。
           
  6.どんな上塗り剤をコーティングしてもOKです
MVメタルスプレーシステムの溶射皮膜(亜鉛・アルミ擬合金)表面は、鏡面(フラットで平滑)では無く、複雑な粗面状態であるため、接着効果より物理的なアンカー効果が発揮されます。
           
       

           
           
 採用実例
           
 









FCGビル/球体展望室メンテナンスタラップ部


幕張メッセホール/鉄骨柱・鋳鉄部・トラス溶接部
 
  中野坂上サンプライトツイン/鉄骨ブレス及び溶接部・フィーレンデールブリッヂ        
 

湘南絵大橋/鋼製部材添接部


三菱石油水島石油タンク/天蓋部分
 
  土肥港南防波堤灯台/鋼製部材全域        

製品概要
カタログ( PDF 1513KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス