橋梁付属物・関連製品検索サービス [ ポリマーセメントモルタル吹き付け工法 - 奈良建設(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]
資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 23007

ポリマーセメントモルタル吹き付け工法
工法概要

「ポリマーセメントモルタル吹き付け工法」は,現在,鉄筋コンクリート構造物で問題となっている高架橋やトンネルの剥離・剥落の劣化損傷対策として当社が中心となって開発した工法です。剥離・剥落の劣化損傷原因である,塩害・アルカリ骨材反応・老朽化・交通荷重による疲労に対し,「ポリマーセメントモルタル吹き付け工法」で補修補強を行い,鉄筋コンクリート構造物の耐久性能の向上,延命効果が得られます。

用途

1.塩害,凍害等の劣化作用に対する断面修復,表面保護等補修工法。
2.過積載車両による疲労損傷した道路橋床版の下面増厚補強等補強工法。
塩害断面修復例 道路橋床版下面増厚補強例
補修・補強対象構造物と部材

橋梁:床版,はり,橋脚, トンネル:覆工 RC貯水槽,タンク その他RC構造物,建築構造物
■床版下面増厚補強施工例
■高架橋塩害補修施工例
■橋脚塩害補修施工例

製品概要
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス