橋梁付属物・関連製品検索サービス [ アラミドシート巻き立て補強工法 - 三井住友建設(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]
資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 8872


アラミドシート巻き立て工法
■アラミドシート巻き立て補強工法とは
 RC橋脚の耐震補強工法であり、アラミドシートを既設橋脚の表面に含浸接着剤樹脂を用いて貼り付けることにより、既設橋脚のせん断耐力、じん性の改善および曲げ耐力の向上を図る工法です。

■特 徴
補強目的や補強量に応じたアラミドシート量の調節が可能なため、合理的な補強ができます。
アラミドシートは、軽量で現地への搬入や加工が容易であり、施工性がよいため、短時間で施工することができます。
アラミドシートは、柔軟で変形性に富むため、既設橋脚の出来形に左右されずに貼り付けることができます。
アラミドシートは、耐久性に優れ、非磁性、非電導体であるため、施工環境を選びません。


■設 計
「アラミド繊維シートによる鉄筋コンクリート橋脚の補強工法 設計・施工要領」に従って設計します。

■施 工
STEP1
 アラミド繊維シートを既設橋脚表面に含浸接着剤を用いて貼り付けます。
STEP2
 表面に保護塗装します。
 


■実施例
鉄道高架柱の耐震補強
【東西線29K666M付近高架橋耐震補強工事】
者:帝都高速度交通営団
工事概要:ラーメン橋脚柱 2本
年:1996年

高速道路高架柱の耐震補強
【橋脚耐震性向上工事(W-9)東京】
者:首都高速道路公団
工事概要:ラーメン橋脚柱 4本
年:1996年

高速道路河川内橋脚の耐震補強
【佐久間川橋下部補強工事】
者:国土交通省関東地方整備局
工事概要:壁式橋脚 3基
年:2000年

東西線高架橋

首都高速道路

佐久間川橋

製品概要
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス