橋梁付属物・関連製品検索サービス [ PRF緩衝ピン - シバタ工業(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 20

 PRF緩衝ピン
 水平力分担構造・横変位拘束構造

■概 要
  兵庫県南部地震では、高速道路等の高架橋において、橋桁のずれ落下などの被害があり、橋桁の連結材と鋼製ピン間に衝撃力が発生し、連結版が破損した事例を踏まえ、緩衝効果を持つアンカーバー構造として鋼棒に緩衝材(PRF構造)を設けた「縦型緩衝ピン」を開発し広く展開してきました。
「PRF緩衝ピン」は、鋼棒と緩衝部を脱着可能とし、従来の緩衝性能を有しながら、施工性や維持管理を容易とする特長をプラスした新たな構造としてご提案いたします。

■規 格
   

■取付構造例
     
■製品規格
   *設計の適用範囲の広さ
橋軸・橋軸直角方向の両方向に対応可能でコンパクトに設計できます。
移動量はミリ単位で設定でき、支承線の大きな水平力にも対応できます。

 *優れた荷重分散効果と衝撃緩和効果
連結板内の応力集中の緩和や衝撃力の緩和を発揮するとともに、ゴムの変形と繊維の破断により大きなエネルギー吸収効果を発揮します。

 *優れた施工性
従来の縦型緩衝ピンは鋼棒とPRF構造が一体化構造であった為、施工時に連結板との位置調整が困難でしたが、PRF緩衝ピンは、PRF構造の幅を広くとり、さらに脱着可能な構造とした為、後から差し込むだけで位置調整が不要です。

 *メンテナンスフリーと維持管理の容易性
鋼棒の表面処理は溶融亜鉛めっき処理とし、長期耐久性を有します。
  ※溶融亜鉛アルミニウム合金めっき、アルミニウム・マグネシウム合金溶射も対応可能。

■施工例
       
       
       

製品概要
カタログ( PDF 3774KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス