橋梁付属物・関連製品検索サービス [ PVM工法 - ショーボンド建設(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]
資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 5063

 床版の劣化進行を目視確認できる
 補修・補強工法
 PVM工法
国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)登録 SK-110004-A 

PVM工法 Pre-ventive maintenance(予防保全)

●補修・補強: 2方向の連続炭素繊維シートを一度に施工できます。

●はく落防止:
はく落防止対策も兼ねています。

●可 視 化: ひび割れの進展を目視で確認できます。

※直接日射のあたる箇所では、ふくれ等の変状をきたす恐れがあるため、適用を避けてください。


概要 

●PVM工法
目付量200g/m2の高強度タイプ炭素繊維2方向分の補強効果を持つPVMシートを、透明の接着剤でコンクリートに接着、一体化する工法です。

●PVMシート
PVMシートは、連続炭素繊維を格子状に配置し、不織布で織り合わせた特殊シートです。

特徴

■特徴1 補強効果                                   

PVMシートの補強量は、(旧)建設省土木研究所:コンクリート部材の補修・補強に関する共同研究報告書(掘砲諒篏だ澤廚房┐気譴榛脳補強量(目付量200g/m2の高強度タイプ炭素繊維2方向分の補強効果)を満足しています。








■特徴2 ひび割れ目視効果                                  

PVMシートは、連続炭素繊維を格子状に配置しており、透明の接着剤で接着します。
コンクリートにひび割れが発生した場合、ひび割れが白く浮き出てきますので、目視確認ができます。








■特徴3 はく落防止効果                                    

PMV工法は、はく落防止効果にも優れています。
(押し抜き試験において、変位10mm以上における最大荷重が1.5kN以上であること。)







      

■特徴4 工期短縮                                    

PMVシート1枚の接着で、炭素繊維シート2層分の補強を行えるため、工期短縮が図れます。
      


■特徴5 定着長管理                                   

シート端部に織り込んだ赤糸に沿ってシートを重ね合わせることで、定着長115mm(規定値:100mm以上)が確保されて定着長管理が容易になり、施工品質が向上します。









■特徴6 環境に配慮                                    

PMV工法で使用する全ての材料は、有機溶剤を含みません。
      

   

製品概要
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス