橋梁付属物・関連製品検索サービス [ 緩衝チェーン - ショーボンド建設(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 30775

 衝撃緩和が可能なチェーンタイプの落橋防止構造
 落橋防止構造用
 緩衝チェーン
国土交通省・新技術情報提供システム(NETIS)登録 SK-980036-V

緩衝チェーンとは

緩衝チェーンは、橋梁の落橋防止構造の一つで、地震時に橋梁上部工が落下することを防ぐだけでなく、地震時の衝撃を確実に緩和できる落橋防止構造です。

主な特長

緩衝チェーンは、以下の特長を有しています。

1. ゴムで被覆されたショックレスチェーンの使用により、衝撃を確実に緩和できます。
2. 取付けブラケットのサイズを小さくできます。
3. 地震時慣性力の作用方向に対して自由度があります。
4. 構造が簡素で、取り付けが容易です。
5. 橋梁に斜角がある場合でも、リンク数・取付角度の変更等により対応可能です。
6. 干渉物の状況に応じて、取付位置の変更が可能です。



形状、施工方法

緩衝チェーンは、対象構造物の地震反力に合わせ、要求される条件に対応できるよう各種用意しております。緩衝チェーンの施工は、構造物によっても異なりますが、基本的に【ブラケット取付】→【緩衝チェーン設置】という非常にシンプルな手順で行います。
また、各種設計計算用の資料も取り揃えております。お気軽にお問い合わせください。

   

製品概要
カタログ( PDF 577KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2020 鋼橋ネットサービス