橋梁付属物・関連製品検索サービス [ HSB機能分離型支承 - (株)ビービーエム ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 20325

HSB
HIGH PERFORMANCE STOPPER & BEARING
機能分離型支承装置

 阪神・淡路大震災による被害を念頭に置いた道路橋示方書(平成8年12月)の改定を受け、道路橋全体および支承本体の耐震性向上の観点から、ゴム支承の採用が望ましいとされるようになりました。しかし、地震時保有水平耐力法への対応に伴い、ゴム支承は肥大化する傾向にあり、設計・施工およびコスト面で問題が起こっています。
 ビービーエムでは、タイプB支承に求められる機能を満たし、なおかつゴム支承を肥大化させない HSB(機能分離型支承装置)(High-Performance Stopper and Bearing)を完成させました。 HSBは、常時と地震時各々に求められる機能を分離することにより、従来のゴム支承では収まらなかった狭い桁下遊間にも収まります。
HSBは、橋梁の耐震性向上と公共事業のコスト縮減という時代のニーズにお応えできる画期的な支承装置です。

■ HSB(機能分離型支承装置)の施工例
兵庫国道工事事務所 春日和田山道路横田高架橋(6径間連続PCホロー桁橋)

■ HSB(機能分離型支承装置)の特長

1.  コンパクトで機能を満たす
常時にもとめられる機能をHiPS(荷重支持板)とスライド機構に、地震時に求められる機能をゴムバッファに分離することにより、ゴムは必要最小限のボリュームで要求される機能を満定させることができます。

2.  簡素な設計
支承の機能を常時と地震時に分離することで、常時の設計と地震時の設計が別になり、簡素で自由度が高く手戻りの少ない設計ができます。

3.  標準化で生産性向上
HSBのゴム部材は、HiPS(荷重支持板)とゴムバッファで従来に比べてコンパクトになります。
HiPSは円盤状で鉛直荷重別に標準化されています。ゴムバッファは鉛直荷重を受けないため縦横比の制約がなく生産性の良い自由な形状で設計することができます。

製品概要
カタログ( PDF 588KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2018 鋼橋ネットサービス