架設関係ソフトウェア ホーム
[ 戻る ]
メニュー
> ソフトウェア紹介
    架設工事の積算
> 動作環境
> 価格表・カタログ
> 評価版ダウンロード
> バージョンアップ情報
> ご購入・お問い合わせ

更新履歴
2018-01-11

架設積算ソフト(平成29年度対応版)の販売と評価版の公開を開始しました。
2017-03-10

架設積算ソフト(平成28年度対応版)の販売と評価版の公開を開始しました。
2015-10-13

架設積算ソフト(平成27年度対応版)の販売と評価版の公開を開始しました。

 ■ バージョンアップ情報

■ 架設工事費積算ソフト Ver13.00からVer14.00への主な変更点

  Ver13.00からVer14.00への変更は、以下の書籍・資料の平成28年度版から平成29年度版の変更に伴うものです。

1.「橋梁架設工事の積算」 (一社)日本建設機械施工協会
2.「建設機械等損料表」 (一社)日本建設機械施工協会
3.「公共工事設計労務単価」 国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課
4.「月刊建設物価」 (一財)建設物価調査会

  以下の表に、Ver13.00からVer14.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成29年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成29年7月号に変更
架設用製作部材製作単価 架設用製作部材製作単価を平成29年度版に変更 P1046
移動式クレーン車設備 トラッククレーン機種選定表の改定 P33〜P35
橋体組立 架設工歩掛の改定
地組工歩掛の改定
ゴム支承据付工歩掛の改定
金属支承据付工歩掛の改定
本締め工歩掛の改定
落橋防止装置取付工歩掛の改定
P167〜P168
P172
P173
P174
P175
P175
現場溶接工 全断面現場溶接消耗材料の改定
フランジのみ現場溶接消耗材料
P181
P181
供用日数 設備及び工具の供用日数の改定 P184
足場工、防護工及び登り桟橋工 主体足場及び中断足場の改定 P186
現場溶接部検査費 m当り検査費、立会検査の改定 P209

■トラッククレーンベント工法のみ

項 目 変更内容 備考
ベント設備 ベント設備の柱本数表の改定 P106
架設用仮設設備機械組立解体 移動式クレーン規格、発動発電機規格の改定
ベント設備設置・撤去歩掛の改定( Dt )
ベント設備設置・撤去歩掛の改定( Da )
P157
P160
P161

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
送出し設備 送出しヤードの間隔選定表の改定
送出しヤードベント質量算定式の策定
P126
P126

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成29年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver12.00からVer13.00への主な変更点

  Ver12.00からVer13.00への変更は、以下の書籍・資料の平成27年度版から平成28年度版の変更に伴うものです。

1.「橋梁架設工事の積算」 (一社)日本建設機械施工協会
2.「建設機械等損料表」 (一社)日本建設機械施工協会
3.「公共工事設計労務単価」 国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課
4.「月刊建設物価」 (一財)建設物価調査会

  以下の表に、Ver12.00からVer13.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成28年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成28年9月号に変更
機材損料 建設機械等損料表:平成28年度版に変更
架設工具共用1日当り損料 架設工具共用1日当り損料を平成28年度版に変更 P1194
架設用製作部材製作単価 架設用製作部材製作単価を平成28年度版に変更 P1194
現場溶接部検査費 検査費の変更 P211
少数I桁橋 全断面現場溶接消耗材料(材料単価)の変更 P247
ケーブルクレーン及びケーブルエレクション設備 ケーブルクレーン用鉄塔設備損料の変更
ケーブル設備1日当り損料の変更
P51
P60
複合損料 横取り、降下設備複合損料の変更
門型クレーン設備の供用1日当り損料の変更
P131
P137
架設重機の組立て/分解の工事費の積算 組立、分解、運搬費の積算を追加

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成28年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver11.00からVer12.00への主な変更点

  Ver11.00からVer12.00への変更は、以下の書籍・資料の平成26年度版から平成27年度版の変更に伴うものです。

1.「橋梁架設工事の積算」 (一社)日本建設機械施工協会
2.「建設機械等損料表」 (一社)日本建設機械施工協会
3.「公共工事設計労務単価」 国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課
4.「月刊建設物価」 (一財)建設物価調査会

  以下の表に、Ver11.00からVer12.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成27年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成27年9月号に変更
機材損料 建設機械等損料表:平成27年度版に変更
架設工具共用1日当り損料 架設工具共用1日当り損料を平成27年度版に変更 P1201
架設用製作部材製作単価 架設用製作部材製作単価を平成27年度版に変更 P1201
現場溶接部検査費 m当り検査費の変更 P264
現場塗装 季刊土木施工単価:平成27年10月号に変更
季刊土木コスト情報:平成27年10月号に変更
※上記2誌の平均で算出

少数I桁橋 全断面現場溶接消耗材料(材料単価)の変更 P247

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成27年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver10.00からVer11.00への主な変更点

  Ver10.00からVer11.00への変更は、以下の書籍・資料の平成25年度版から平成26年度版の変更に伴うものです。

1.「橋梁架設工事の積算」 (一社)日本建設機械施工協会
2.「建設機械等損料表」 (一社)日本建設機械施工協会
3.「公共工事設計労務単価」 国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課
4.「月刊建設物価」 (一財)建設物価調査会

  以下の表に、Ver10.00からVer11.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成26年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成26年12月号に変更
機材損料 建設機械等損料表:平成26年度版に変更
架設工具共用1日当り損料 架設工具共用1日当り損料を平成26年度版に変更 P1176
架設用製作部材製作単価 架設用製作部材製作単価を平成26年度版に変更 P1176
移動式クレーンの機種選定 保有台数の変動から100t以上をトラッククレーンに変更 P39

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成26年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver9.00からVer10.00への主な変更点

  Ver9.00からVer10.00への変更は、以下の書籍・資料の平成24年度版から平成25年度版の変更に伴うものです。

1.「橋梁架設工事の積算」 (一社)日本建設機械施工協会
2.「建設機械等損料表」 (一社)日本建設機械施工協会
3.「公共工事設計労務単価」 国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課
4.「月刊建設物価」 (一財)建設物価調査会

  以下の表に、Ver9.00からVer10.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成25年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成25年12月号に変更
機材損料 建設機械等損料表:平成25年度版に変更
少数I桁橋 全断面現場継手溶接工歩掛(フランジのみの溶接)の変更 P243
少数I桁橋 全断面現場溶接消耗材料(材料単価、軽油数量)の変更 P244

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成25年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver8.00からVer9.00への主な変更点

  Ver8.00からVer9.00への変更は、以下の書籍・資料の平成22年度版から平成23年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver8.00からVer9.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成23年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成23年7月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成23年度版に変更
所用日数 所要日数一覧表の追加(日数表シート) P315
P484
工事費 工種別単価の追加 P318
P488
継手部現場塗装工内訳書 単価変更 P321

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
降下設備質量 少数主桁鈑桁時に2倍としていたのを積算例の変更にあわせて廃止 P473

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成23年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver7.00からVer8.00への主な変更点

  Ver7.00からVer8.00への変更は、以下の書籍・資料の平成21年度版から平成22年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver7.00からVer8.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成22年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成22年7月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成22年度版に変更
名称の統一 「沓」→「支承」に変更
足場工費 賃料係数の変更 P226
継手溶接用ストロングバック制作費 制作費単価の変更 P244
継手部現場塗装工内訳書 単価変更 P320
P338
P418

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
ケーブルクレーン用鉄塔損料 損料の変更 P64〜P67
ケーブル設備1日辺り損料 損料の変更 P75
横取り・降下設備複合損料 損料の変更 P168
主桁送出し工内訳書 編成人員を各橋脚毎の所用日数と人員から求める方法に変更
(プログラムは入力画面にオプションを追加して対応)
P416

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成22年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver6.00からVer7.00への主な変更点

  Ver6.00からVer7.00への変更は、以下の書籍・資料の平成20年度版から平成21年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver6.00からVer7.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成21年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成21年7月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成21年度版に変更
架設工歩掛 計算方法が改訂(少数主桁橋の歩掛) P211〜P212
継手溶接用ストロングバック制作費 制作費単価の変更 P244
継手部現場塗装工内訳書 単価変更 P321
P339
P419

■トラッククレーンベント工法のみ

項 目 変更内容 備考
発動発電機賃料 月刊建設物価:平成21年7月号に変更
地組工歩掛 計算方法が改訂(少数主桁橋の歩掛) P216

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
手延機の質量 計算方法が改訂 P152
連結構の質量 計算方法が改訂 P157〜P158
架設機材供用日数 計算方法が改訂 P407〜P408
P492〜P493

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成21年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver5.00からVer6.00への主な変更点

  Ver5.00からVer6.00への変更は、以下の書籍・資料の平成19年度版から平成20年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver5.00からVer6.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成20年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成20年7月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成20年度版に変更
継手溶接用ストロングバック制作費 制作費単価の変更 P245
沓据付工内訳書 発動発電機賃料の追加 P321
P419
P501
落橋防止装置工内訳書 発動発電機賃料の削除 P322
P502
継手部現場塗装工内訳書 塗装方法、塗装回数、単価変更 P322
P420

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
送出し設備(横取り、降下設備含む) 諸雑費率の変更 P148

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成20年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver4.00からVer5.00への主な変更点

  Ver4.00からVer5.00への変更は、以下の書籍・資料の平成18年度版から平成19年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver4.00からVer5.00に変更した主な内容を示します


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成19年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成19年6月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成19年度版に変更
ゴム沓据付工歩掛 計算方法が改訂 P216
足場工費 計算方法が改訂 P225
継手溶接用ストロングバック制作費 制作費単価の変更 P243
沓据付工内訳書 沓据付材料の単価の変更 P318

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
架設用仮設備機械組立解体 計算式等の記号が変更
(表2-128、表2-129、表2-132、表2-133、表2-134、表2-141)
P205〜P214

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成19年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver3.00からVer4.00への主な変更点

  Ver3.00からVer4.00への変更は、以下の書籍・資料の平成17年度版から平成18年度版の変更に伴うものです。


  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver3.00からVer4.00に変更した主な内容を示します

■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成18年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成18年7月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成18年度版に変更
発動発電機賃料 月刊建設物価:平成18年7月号に変更
小数主桁橋現場継手溶接工歩掛 機械器具損料費の諸雑費化 P280
沓据付工内訳書 沓据付材料の単価の変更 P367

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
ケーブルクレーン用鉄塔損料 損料の変更 P96〜P99
ケーブル設備1日辺り損料 損料の変更 P107
横取り・降下設備複合損料 損料の変更 P207

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成18年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver2.00からVer3.00への主な変更点

  Ver2.00からVer3.00への変更は、以下の書籍・資料の平成16年度版から平成17年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver2.00からVer3.00に変更した主な内容を示します。


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成17年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成17年6月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成17年度版に変更
発動発電機賃料 月刊建設物価:平成17年6月号に変更
ベント設備設置・撤去歩掛 諸雑費率の変更 P239
沓据付工歩掛、工事費内訳 諸雑費率の変更、沓据付材料の単価の変更 P251
P384
本締工歩掛 諸雑費率の変更 P251
継手溶接用ストロングバック制作費 制作費単価の変更 P278
継手部現場塗装工費内訳 塗装工単価の変更 P385
溶接用ケーシング設備工費内訳 ケーシング設備の単価・数量の変更 P562
現場溶接部検査費 積算に追加 P282

■トラッククレーンベント工法のみ

項 目 変更内容 備考
架設工歩掛 諸雑費率の変更 P247
地組工歩掛 諸雑費率の変更 P251

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
手延機・連結構設備工内訳 送出し装置用逸走防止装置の損料の追加 P193
ケーブルクレーン設備据付・解体歩掛 諸雑費率の変更 P237
送出し設備工内訳 連結構の単価の変更 P479
軌条敷鋼板基礎工内訳 労務費にとび工の追加 P559

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成17年版)」の掲載ページを示します


■ 架設工事費積算ソフト Ver1.00からVer2.00への主な変更点

  Ver1.00からVer2.00への変更は、以下の書籍・資料の平成15年度版から平成16年度版の変更に伴うものです。

  1.「橋梁架設工事の積算」(社)日本建設機械化協会
  2.「建設機械等損料算定表」(社)日本建設機械化協会
  3.「公共工事設計労務単価」国土交通省総合政策局労働資材対策局
  4.「月刊建設物価」(財)建設物価調査会


  以下の表に、Ver1.00からVer2.00に変更した主な内容を示します。


■トラッククレーンベント工法、送出し工法の共通事項

項 目 変更内容 備考
労務単価 平成16年度公共工事設計労務単価に変更
クレーン賃料 月刊建設物価:平成16年6月号に変更
機材損料 建設機械等損料算定表:平成16年度版に変更
クレーン選定表 橋梁架設工事の積算:平成16年版に変更 P72〜77
クレーン名称 ホイールクレーンをラフテレーンクレーンに統一
沓据付工歩掛 ゴム沓諸雑費率が改訂 P251
少数主桁橋の1部材質量による係数 10t超が細分化 P274
少数主桁現場継手溶接工歩掛 計算方法が改訂 P275
少数主桁橋の全断面現場溶接工に使用する機械器具および消耗材料の損料 機械器具損料は、H16年版では,269となっているが、講習会で,734に訂正 P276
溶接用ケーシング設備用クレーン 使用機種が改訂 P277
合成床版用クレーン 使用機種が改訂 P285

■送出し工法のみ

項 目 変更内容 備考
鉄塔設備損料 橋梁架設工事の積算:平成16年版に変更 P94〜97
ケーブル設備損料 (同上) P105
軌条桁の質量 取り付け部の場合の式、H-300が改訂 P196〜197
横取り・降下設備複合損料 橋梁架設工事の積算:平成16年版に変更 P204
発動発電機の規格 H16年版では100kVAとなっているが正誤表で125kVA P235
送出し架設工歩掛 編成人員が改訂 P248
横取り作業歩掛 (同上) P249

備考のページ番号は「橋梁架設工事の積算(平成16年版)」の掲載ページを示します


(C) 2018 鋼橋ネットサービス